禁煙外来
  • 内科
  • 生活習慣病外来
  • アレルギー科
  • 肛門科
  • 整形外科
  • 往診・訪問診療
  • 健康診断・予防接種
会田労働衛生コンサルタント事務所

禁煙外来

禁煙外来とは

タバコをやめたいと思っても、ニコチン依存による禁断症状が起こるなどして、何度も失敗している方も多いのではないでしょうか。

喫煙はCOPD、肺がんの原因となるだけでなく、脳卒中、心筋梗塞を引き起こす恐れのある、動脈硬化の大きな原因にもなります。

当院では健康保険を使って禁煙治療を行うことができます。
ひとりではなかなか上手くいかない禁煙を、無理なく進めるようサポートいたします。


タバコはいろいろな害をもたらします。

生活習慣病の悪化

動脈硬化

肺がん

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

受動喫煙 など



禁煙と全身疾患

タバコは動脈硬化を生じさせ、生活習慣病の悪化とともに狭心症や心筋梗塞のリスクともなります。
また肺がんなどの他、喉頭がんや舌がん、咽頭がんの原因ともなります。
さらに食道がんや胃がん等の消化器系のがんの原因ともなり、まさに百害あって一利なしといった存在といえます。

治療法

喫煙は「ニコチン依存症」という病気であるという判断により、保険診療で禁煙補助剤を用いて治療を行うことができます。
また、チャンピックスという口剤を使用するのが一般的です。
チャンピックスはニコチン切れのイライラや、タバコをおいしいと感じにくくする作用があり、副作用などもほとんどありません。
これを機会に是非禁煙にトライしてください。

健康保険等で受けられる禁煙治療

禁煙治療は平成18年より健康保険等が適用され、患者様の負担も軽くなりました。
但し、禁煙治療を健康保険等で受けるためには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認することとなっています。
尚、要件を満たさない場合でも自由診療で禁煙治療を受けることができます。
まずは受診の前にご自身でチェックしてみることをお勧めします。

健康保険等で禁煙治療を受けるための要件
  • ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上
    例えば、20歳から1日20本喫煙している40歳の人なら、20(本)×20(年)=400であり、対象となります。
  • すぐに禁煙をしたいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明内容に納得されたときは文書に同意頂きます。

医院概要




  • Page Top