肛門科
  • 内科
  • 生活習慣病外来
  • アレルギー科
  • 肛門科
  • 整形外科
  • 往診・訪問診療
  • 健康診断・予防接種
会田労働衛生コンサルタント事務所

肛門科

肛門外科とは

痔核、痔瘻などの肛門疾患についての診察、診断を行っています。
部位の特性から、なかなか相談できずご本人だけで悩んでいる方も多くいらっしゃると思いますが、直腸癌、肛門癌など重篤な病気が隠れていることもありますのでお気軽にご相談下さい。

痔核(いぼ痔)

肛門付近の血流が悪くなり、うっ血し、さらに静脈がこぶ状に拡張したものが痔核です。一般的には「いぼ痔」とも呼ばれています。症状は排便時に出血したり、肛門の周りにいぼのようなものができたりします。発生する場所により、内痔核と外痔核に分けられます。

内痔核

内痔核は、ほとんど痛みを感じることなく進行します(初期は出血する程度)。
進行して痔核が大きくなると脱出(脱肛)するようになります。脱出も初めのうちは指で押し込めば戻りますが、更に進行すると戻らなくなり痛みを伴うこともあります。

外痔核

激しい運動をしたり、急に重いものを持ったりしたあとなどに突然血の塊が肛門にでき、腫れて痛みを伴います。薬により治りますが、大きく痛みが強いものは切除するか、血の塊を取り除く必要があります。

医院概要




  • Page Top